参加する

『富岡海荘図巻』を歩く② 失われた海岸線(根岸~磯子)

 『富岡海荘図巻』(明治22 年(1889)、荒木寛畝)に描かれた最初の本牧の崖(鼻・
岬)から失われた海岸線を辿る2回目の街歩きです。
 今回は、図巻に描かれた海岸線だけでなく、消えた「外国人遊歩道」や磯子の街の変
遷も交えながら歩いてみましょう。あの歌姫や栄光への架橋を見せてくれるアーティス
トの話もあるかも・・・・。

内容 コース:約8km、5.5 時間(説明・休憩・昼食時間含む)
JR根岸駅→(バス乗車)→東福院→(外国人遊歩道の名残)→白滝不動尊→根岸森林公園
→根岸八幡神社→坂下橋疎開道路→市電保存館(見学・昼食)→丸山日用品市場→滝頭小学校
→四間道路→岡村中学校→真照寺→浜マーケット→葦名(芦名)橋・安藤橋跡→間坂→旧磯子道
→磯子駅(解散)
*諸般の事情により、コースの一部が変更になる場合があります。
開催期間 2018年5月27日(日)9:30~15:00  雨天実施
開催場所 受付場所:JR京浜東北根岸線 根岸駅前
受付時間:9:00~9:30
定員 60名(当協会から受付確認のハガキは出しません。当日集合場所にお越しください)
参加費 500円(保険料、資料代含む)市電保存館の入館料(200円)を受付で徴収します。
申込方法詳細 ホームページから申し込んでください。
ハガキ、ファックスでの申し込みは、コース名(富岡海荘図巻②)と参加者全員の
氏名(フリガナ)、男女別、年齢、住所(〒)電話番号を明記し、下記宛先まで。
申込期間 2018 年 5月 17日(木)必着
お問い合わせ先 NPO法人横濱金澤シティガイド協会
〒236-0027 横浜市金沢区瀬戸19-31-205
TEL・FAX:045-787-0469
備考 持 ち 物:昼食・飲み物・敷物・雨具など
*歩きやすい服装・靴で参加してください。荒天(暴風雨、大雪など)中止です。
*ウォーキング中の事故等については保険の範囲外の責任は負いません。各自で注意してください。
*保険の内容等についてお知りになりたい方はお申し出ください。
*当日の実施確認・連絡は 080-5071-0469(実施日のみ使用)へ。
*頂いた情報は、この企画(富岡海荘図巻を歩くシリーズ)以外には使用いたしません。

関連リンク・サイト

※本情報は「公開中の情報」または「事業主催者等から公開のために提供された情報」を基にしています。掲載期間中に内容の変更などが生じている場合もありますので、必ずお問い合わせ先にご確認ください。

Page Topへ