参加する

維新150年 開国・開港の街を歩く(金沢)

嘉永6 年6 月3 日(1853 年7 月8 日)、開国・開港を求めて浦賀沖にペリー艦隊が姿を現しました。幕府と交渉している間、艦隊は金沢の小柴沖を停泊場所(アメリカン・アンカレッジ)と定め、東京湾の調査を行いました。金沢藩士の対応、地元との交流などゆかりの街の今昔を偲びながら歩いてみましょう。

内容 コース:約6km、3 時間(説明・休憩・昼食時間含む)
金沢八景駅→平潟湾プロムナード→夕照橋→野島公園・弁天社・掩体壕→旧伊藤博文金沢別邸→野島公園駅→(シーサイドライン:230円)→海の公園柴口駅→熊野神社→柴シーサイドファーム→宝蔵院→八景島・アメリカンアンカレッジの碑(解散)
*諸般の事情により、コースが変更になる場合があります。
開催期間 2018年7月7日(土)9:30~12:30 雨天実施
開催場所 (集合場所)京浜急行「金沢八景駅」
(受付時間)9:00~9:30
定員 30名
参加費 500円(保険料、資料代含む)交通費(シーサイドライン乗車)等自己負担
申込方法詳細 ホームページから申し込んでください。
ハガキ、ファックスでの申し込みは、コース名(開国開港の街・金沢)と参加者全員の氏名(フリガナ)、男女別、年齢、住所(〒)電話番号を明記し、下記まで。
申込期間 2018 年 6月 27日(水)必着
お問い合わせ先 NPO法人横濱金澤シティガイド協会
〒236-0027 横浜市金沢区瀬戸19-31-205
TEL・FAX:045-787-0469
備考 *歩きやすい服装・靴で参加してください。荒天(暴風雨、大雪など)中止です。
*ウォーキング中の事故等については保険の範囲外の責任は負いません。各自で注意してください。
*保険の内容等についてお知りになりたい方はお申し出ください。
(持ち物)飲み物・敷物・雨具など

関連リンク・サイト

※本情報は「公開中の情報」または「事業主催者等から公開のために提供された情報」を基にしています。掲載期間中に内容の変更などが生じている場合もありますので、必ずお問い合わせ先にご確認ください。

Page Topへ